団体一覧

都内近郊エリアの里山で活動する団体をご紹介

あそぶ

寺家のソダチの森(子どものワークショップ)

どういう団体なの?寺家の自然の中で子どもが活き活き育つ環境づくりとワークショップをしています。地域にワクワクする場と時をつくることを目指しつつ、子どもの力と大人の力と風土の力を繋いだりしています。どういう活動をしているの?①親子や子どもを対象に自然の中でアートや表現、農、あそびなどと共にワークショッ...

もっとみる

東京稲城里山義塾

どういう団体なの?東京都稲城市の一角を占める丘陵地「南山」。首都近郊にありながら里山としての機能を発揮できる希少なエリアです。南山の荒れた林を手入れしてフィールド、景観を再生し、 その豊かな環境を次世代に引き継いでいくために現代版活用法を探りながら、現在の生活スタイルと里山を繋いでいくことを実践して...

もっとみる

せりがや冒険遊び場

どういう団体なの?芹ヶ谷公園内のせりがや冒険遊び場の活動を通し、子どもたちが自然の中で自分の思いを大切にした遊びや体験によって自ら育つ場を展開し、同時に子育て中の親の息抜きや情報交換の場、様々な年代の人が交流できる場を提供しています。また、出前遊び場活動、子どもの遊びや子育てに関する講座を企画運営し...

もっとみる

小野路やまいちの会

どういう団体なの?町田市小野路の里山を会場に、小野路や町田、その周辺エリアで”ものづくり”に携わっている人たちが集まって開かれる”ものづくり市”「小野路やまいち」を企画・運営している有志の集まりです。どういう活動をしているの?2013年から毎年4月に開催しており、2018年4月に6回目を迎えます。2...

もっとみる

桜ヶ丘・水辺のある森再生プロジェクト

どういう団体なの?桜ヶ丘トラスト緑地は神奈川県所有の里山で、1.2haと小さいながら、ここが横浜の真ん中とは思えないような豊かな自然が残っています。15年間放置されたままとなっていた雑木林と以前の工場のテニスコートの空き地に、豊富な湧き水を利用した田んぼを作ったり、森の手入れをしたりの活動を通じ里山...

もっとみる

森のライフスタイル研究所

どういう団体なの?森林と触れ合った体験に乏しく、森づくりへの理解が深まっていない多くの人々に対して、楽しさを取り入れた多彩な活動を展開することで、ごく普通の人が当たり前のように森づくりに関心をもてる社会を創造し、もって日本の森林の育成・保全に寄与することを目的として活動を行っている団体です。どういう...

もっとみる

川崎市黒川青少年野外活動センター

どういう団体なの?黒川青少年野外活動センターは、2006年4月から、NPO法人国際自然大学校が指定管理者として川崎市より委託を受け管理・運営を行っています。専門的な野外教育指導者の育成を図るとともに、自然体験活動の普及及び振興のための活動を行っている団体です。どういう活動をしているの?黒川の豊かな自...

もっとみる

青空自主保育なかよし会

どういう団体なの?子どもたち、親たちの仲間づくりをしよう、豊かな鎌倉の自然の中で思いっきり遊ばせようという趣旨のもと始まった会です。鎌倉中央公園を含む山崎の谷戸を中心に野外で活動しています。潮の香り、土の匂いを全身で感じながら、いきいきと遊ぶ子どもたちと一緒に鎌倉の四季を楽しんでいます。どういう活動...

もっとみる

原っぱ大学

どういう団体なの?「親子のための遊びの学校」です。神奈川県逗子市にある山の中のフィールドで親子が思い切り遊ぶ時間をつくっています。焚火、探検、秘密基地づくり、小屋づくり…。大人も子どもも自らが感じるままにただ、遊ぶ。そんな時間を参加者の皆さんとともに作っています。どういう活動をしているの?1年間のプ...

もっとみる

FoE Japan 宇津木里山保全プロジェクト

どういう団体なの?JR日野駅からバスで20分程のところにある小さな森で活動をしています。雑木林、栗林、梅林、竹林、針葉樹林など、変化に富んだ自然が残された森は、子どもにとっても大人にとっても恰好の遊び場!四季折々のさまざまな恵みを大切な資源として積極的に利用し、いまの暮らしに合った森とのつながり方を...

もっとみる